忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/04/29 04:43 | ]
site:検索では競合サイトのインデックス数は把握出来ない。site:検索のデータはメチャクチャで役立たない
毎度申し上げてますがGoogle検索の「site:検索」は使い物になりません。
こんなものでサイトのSEO分析など出来ません。
インデックスチェックにも使えない。
先程site:検索で管理サイトを色々チェックしましたが、相変わらずデータがデタラメで「全く役に立たない」と感じた次第です。

・・・と書いてみましたが、こういった検索コマンドも「使い方次第」では役立ちます。
しかし、このsite:検索でサイトのインデックス状況を知るだとか、サイトのインデックス数を知るには無理があります。
正確なサイトのインデックス数などsite:検索ではまず分かりませんので期待しない事です。

ですから、競合サイト内部ページのインデックス数をsite:検索で知って競合分析に役立てよう等とは思わない事です。
不正確過ぎてsite:検索では競合分析などできません。
site:検索の数字を信じれば、判断を誤るだけです。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - サテライトサイト ウェブ集客

13、格安ネットショップCMSカラーミーショップ。CMS引越を見据え独自ドメインでトップに被リンク集中
14、ドメインにキーワードを含めないのも一つの手。企業名やニックネームだけのドメインで全方位に展開
15、サブページにリンクしてもトップページの評価が上がるのが、Yahoo!検索
16、Bingでサイト内ページのインデックス化を進めるには「時間」が必要。Bingのエイジングフィルタ
17、変動するヤフー。帰って来たトンちゃん「Yahoo SEO対策」6位。「Yahoo SEO」13位
18、お客さんサイト、指定5URL全てでYahoo! 10位以内達成。別お客さん指定2URL 全て達成
19、被リンクで重要な「時間」の分散。ドメイン分散やIPアドレス分散だけが被リンク対策では無い
20、SEO事業の分業化を進めるトンちゃん。「個人のSEO」から「組織のSEO」へ
21、トップページURLの最後のスラッシュ「/」有る無しでGoogleページランクが変わるのは面白い
22、米Googleはページの表示速度を検索順位に反映させているようだ
23、顧客サイト 月間検索数30万以上のビッグキーワードでYahoo検索 1位達成! 激安SEOの底力
24、強みに集中する。徹底して自社・自分の強みに集中。弱みはそれに強い他者・他企業に任せて強みに変える

PR


[ 2010/10/02 10:30 | SEOコンサルティング ]



<< Googleで認識される「被リンク」を把握する方法・手段。link:検索とGoogleウェブマスターツール。どちらでもグーグル被リンクの100%把握は不可能  |  ホーム  |  毎月確実に被リンク効果を積み上げて行くのが検索上位表示豚サービス。利用期間が長くなるほど被リンク蓄積が進みSEO効果も増大 >>