忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/08/20 13:07 | ]
「人の役に立つコンテンツ」の量産だけではインデックス対策としては足りない。ロボット検索の定義する「存在価値」の明確化
Google検索で順位が上がったり下がったりする理由の一つに「インデックス数の増減」があります。
今まで被リンクページとして検索エンジンに認識されていたページ群がインデックスから削られれば、対策URLの検索順位に影響を与えます。
そのページをインデックスを「するか」「しないか」を決める「インデックス基準」は常に変わって行くので、Google検索の考えを先読みし予め手を打っておく必要があります。

「価値の無い」ページはインデックスから削られて行く運命にありますので、「価値あるページ」や「価値あるサイト」を量産する事が衛星サイトのインデックス対策になります。
いつまでもも、Googleインデックスから削られずに残るサイトは「存在価値」があります。
Google検索というロボット検索が定義する「存在価値」が何なのかを知る事がインデックス対策の第一歩です。

一応申し上げておきますと、「人の役に立つコンテンツ」を掲載したページを量産するだけではインデックス対策としては足りません。
人から見れば存在価値のあるページ群かもしれませんが、ロボット検索の目には「たいした価値の無いページ群」に映っていたりするのです。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - サテライトサイト作成 HP集客

Google SEO対策

SEO対策SEOYahoo SEO対策Yahoo SEOGoogle SEO対策Google SEO

作成Web制作ホームページ制作HPホームページ作成HPBlogビジネスブログビジネスブログ制作Blog
PR


[ 2010/10/04 10:35 | SEOコンサルティング ]



<< Yahoo・Google・Bing検索の全てで順位が上がるのが弊SEOサービスの特徴。ビングでビッグキーワードの上位表示も可能  |  ホーム  |  Googleで認識される「被リンク」を把握する方法・手段。link:検索とGoogleウェブマスターツール。どちらでもグーグル被リンクの100%把握は不可能 >>