忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[ 2017/05/28 13:37 | ]
「被リンク強度で勝れば競争相手に勝てる」のがビング検索。生後間もない赤ん坊検索エンジンBingではURLの歴史(年齢)は重視されない(できない)
弊所URLは現在、Bing検索でビッグキーワード「SEO」でも「SEO対策」でも去年の終りあたりから10位台をずーと維持しておりますが、「サーバーIP分散」も「ドメイン分散数」も他SEO業者よりも遥かに少ないです。
そしてドメインの「年齢」も低く1歳で、対策しているURLの対策年齢も1年ちょいと短いです。
しかし、弊所のSEO対策(SEOサービス)は「SEO強度」が非常に高いので、他SEO業者よりも順位が上に来るのです。
「SEO強度(被リンク強度)で勝れば競争相手に勝てる」、それが現在のBing検索です。

Bing検索で「年齢」がものを言わないのは、「まだ生まれても間もない赤ちゃん検索エンジン」だからですが、Bing検索自体も今後運用年数が増えればGoogle検索と同じように「年齢」が重要になってくると思います。
それなりの期間Bing検索が稼働し続ければWeb上のURL間の優劣を決める上で「被リンク数」だけでなく、各URLの「歴史」(つまり時間軸の評価)もURL間の優劣評価で使わざるを得なくなるからです。

単純に「SEO強度が高い」だけでは、いずれはBing検索も上位が取れなくなるでしょう。
今はBing検索稼働の「期間」(時間)が短いため、「時間」(年齢)が競争優位の源泉にならないだけです。

※現Bing検索でも「被リンク強度」で勝るだけでは勝てない時もあります。
それはBing検索がランキングアルゴリズムの中身を大きく変えた時です。

ビッグキーワードで上位サイトの順位が大きく動く検索アルゴリズムのアップデートが数カ月に一度くらいありますが、そのアップデート時に被リンクページ群のドメイン分散数やIP分散数が重視されてしまうと「被リンク強度」(=リンクポピュラリティ)が強くとも順位が落ちてしまう事があります。
弊所もBing検索でビッグキーワード「SEO」で13位を2カ月前後、ビッグキーワード「SEO対策」で18位前後を4カ月以上維持しておりましたが、IP分散重視のアップデートで順位を落とすという経験を過去に体験にしております。

被リンクページ群のサーバーIPやドメイン分散数は常に重視されるわけではありませんが、地道に増やしていって損をする事はありません。
あらゆるアップデートに対応できるようになります。
弊所のSEOサービスではこのIP分散数もドメイン分散数を毎月着実に増やしていきます。
特にドメイン分散数を重視しながら被リンクのIPとドメインの分散数を増加させて行きます。
ある程度の期間利用するとアップデートによる順位変動を殆ど受け無くなります。

IPよりもドメインを重視する理由は、実際に検索エンジンがIPよりもドメインに重みを置いているからです。
検索エンジンに最適化させる作業としては当然、IP分散以上にドメイン分散に力点を置かねばなりません。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - Yahoo被リンク 集客SEO対策

グーグルSEO

Seesaaブログ(シーサーブログ)で広告を非表示にする方法。広告を表示させたくない方向け
YSTからGoogle検索への切り替えになんとか対応できた
グーグル検索では上位表示されると、そう簡単に順位は落ちない。ヤフー検索での不動の上位表示に繋がる
上位表示要因としてGoogleページランクの重要度は低い。GoogleとYahooのSEO対策
WordPressでブログを立ち上げたら、先ず「パーマリンク設定」を変更
SEO対策の被リンク効果の有る無しは「大局」で判断せよ
オーガニック検索1位とキーワード広告1位では集客できる検索ユーザーが異なる

歯医者さんのサイト
新小岩歯科
熊谷市歯科
川口市歯科
さいたま市緑区歯科

PR

[ 2011/01/04 11:21 | SEOコンサルティング ]
検索順位はSEOスコアの高い順に並ぶ。「年齢」はSEOスコアの内で大きなウェイトを占める
後は、昔以上にエイジ(年齢・時間)をGoogleが重視するようになったというのも挙げられます。
検索順位がまるで大企業の「年功序列制度」のように「URLやサイトの年齢」順に並ぶキーワードが購買目的キーワード(SEOの標的となる商用キーワード群)で増えました。
この点に関しては「今年からそうである」というわけでは無く昔からその傾向はあるのですが、検索順位の年功序列制は昔より強まったと思います。
感覚としては、まさに大企業の年功序列制でして、年功序列制の下で上司の数倍の実力を持つ若手社員が、入社歴で勝る上司より役職で上に行くのが困難であるのと同じような事が検索結果順位で起こっております。

上位URLの数倍SEO強度(※被リンク強度とほぼ同義)を高めた程度では、年齢で勝る上位URLを追い抜けない事も多々あります。
Google検索では上位URLの十倍くらいSEO強度を高めないと追い抜けないキーワードなども存在します。
SEOスコアの高い上位URLの10倍ですから、並大抵ではありません^^;。
検索順位はSEOスコア順位並びますが、そのSEOスコアに「年齢」はかなり大きなウェイトで組み込まれております。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - Google被リンク 集客代行

Google SEO対策

健康グッズのネット通販ショップ
ガジュツ
電磁波カット

北海道のお酒のネット通販ショップ
お酒通販

詐欺商材への法的対応説明サイト
インフォトップ
情報商材

歯医者さんのメインHP
あざみ野歯科
野田歯科
帯広歯科
小山市歯科
上野毛歯科
八潮市歯科


[ 2011/01/03 11:13 | SEOコンサルティング ]
アフィリビジネスでは「経済>経営>マーケティング>SEO」を常に意識せよ。経済が変わればライフスタイルも消費トレンドも変わる
SEO集客中心のアフィリエイトビジネスでは、とにかく「経済>経営>マーケティング>SEO」を常に意識する事。
現在であれば、「経済」に目を向ける事。
大震災の影響を良く分析して、お金がどこに流れるのかを見極める事。
地震や停電や放射能で消費者心理がどう動くのか見極める事。

1000年に一度の超大震災でライフスタイルがどう変わり、それによってどんな消費トレンドが新たに生まれるのか?を正確に把握する事。
同時に、どの分野の消費が継続的に削られて行くのかも正確に把握する事。
その辺を意識して普段からニュースや経済統計に触れるようにする事。

さらにミクロ経済にも目を向け、企業の声や個人の声にも積極的に耳を傾ける事。
企業の声や個人の声は「日本の今が見える」Twitter検索なども併用すると良いだろう。
リアルタイムな今の個人や企業の声に耳を傾ける事で、今後の消費のトレンドも次第に見えてくるようになるだろう。

消費トレンドが「見えれば」、どんな分野のビジネスのサービス・ソリューション・商品をアフィリエイトすれば良いかも自然に分かるようになる。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - 被リンク対策 集客コンサルティング

SEO対策 トンちゃん

岡山のオフィス家具の回収屋さん
オフィス家具岡山

観葉植物の通販ショップ
観葉植物通販

塾の求人サイト
塾求人

ヤスオクの比較情報さいと
オークションサイト一覧

ランドセルのネット通販ショップ
ランドセル人気
ランドセル口コミ
ランドセル購入

岡山のリサイクルショップ
岡山買取
金岡山

[ 2010/12/06 10:31 | SEOコンサルティング ]



 |  ホーム  |  次のページ >>