忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/04/29 04:46 | ]
「被リンク強度で勝れば競争相手に勝てる」のがビング検索。生後間もない赤ん坊検索エンジンBingではURLの歴史(年齢)は重視されない(できない)
弊所URLは現在、Bing検索でビッグキーワード「SEO」でも「SEO対策」でも去年の終りあたりから10位台をずーと維持しておりますが、「サーバーIP分散」も「ドメイン分散数」も他SEO業者よりも遥かに少ないです。
そしてドメインの「年齢」も低く1歳で、対策しているURLの対策年齢も1年ちょいと短いです。
しかし、弊所のSEO対策(SEOサービス)は「SEO強度」が非常に高いので、他SEO業者よりも順位が上に来るのです。
「SEO強度(被リンク強度)で勝れば競争相手に勝てる」、それが現在のBing検索です。

Bing検索で「年齢」がものを言わないのは、「まだ生まれても間もない赤ちゃん検索エンジン」だからですが、Bing検索自体も今後運用年数が増えればGoogle検索と同じように「年齢」が重要になってくると思います。
それなりの期間Bing検索が稼働し続ければWeb上のURL間の優劣を決める上で「被リンク数」だけでなく、各URLの「歴史」(つまり時間軸の評価)もURL間の優劣評価で使わざるを得なくなるからです。

単純に「SEO強度が高い」だけでは、いずれはBing検索も上位が取れなくなるでしょう。
今はBing検索稼働の「期間」(時間)が短いため、「時間」(年齢)が競争優位の源泉にならないだけです。

※現Bing検索でも「被リンク強度」で勝るだけでは勝てない時もあります。
それはBing検索がランキングアルゴリズムの中身を大きく変えた時です。

ビッグキーワードで上位サイトの順位が大きく動く検索アルゴリズムのアップデートが数カ月に一度くらいありますが、そのアップデート時に被リンクページ群のドメイン分散数やIP分散数が重視されてしまうと「被リンク強度」(=リンクポピュラリティ)が強くとも順位が落ちてしまう事があります。
弊所もBing検索でビッグキーワード「SEO」で13位を2カ月前後、ビッグキーワード「SEO対策」で18位前後を4カ月以上維持しておりましたが、IP分散重視のアップデートで順位を落とすという経験を過去に体験にしております。

被リンクページ群のサーバーIPやドメイン分散数は常に重視されるわけではありませんが、地道に増やしていって損をする事はありません。
あらゆるアップデートに対応できるようになります。
弊所のSEOサービスではこのIP分散数もドメイン分散数を毎月着実に増やしていきます。
特にドメイン分散数を重視しながら被リンクのIPとドメインの分散数を増加させて行きます。
ある程度の期間利用するとアップデートによる順位変動を殆ど受け無くなります。

IPよりもドメインを重視する理由は、実際に検索エンジンがIPよりもドメインに重みを置いているからです。
検索エンジンに最適化させる作業としては当然、IP分散以上にドメイン分散に力点を置かねばなりません。

By  経営・戦略コンサルタント 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - Yahoo被リンク 集客SEO対策

グーグルSEO

Seesaaブログ(シーサーブログ)で広告を非表示にする方法。広告を表示させたくない方向け
YSTからGoogle検索への切り替えになんとか対応できた
グーグル検索では上位表示されると、そう簡単に順位は落ちない。ヤフー検索での不動の上位表示に繋がる
上位表示要因としてGoogleページランクの重要度は低い。GoogleとYahooのSEO対策
WordPressでブログを立ち上げたら、先ず「パーマリンク設定」を変更
SEO対策の被リンク効果の有る無しは「大局」で判断せよ
オーガニック検索1位とキーワード広告1位では集客できる検索ユーザーが異なる

歯医者さんのサイト
新小岩歯科
熊谷市歯科
川口市歯科
さいたま市緑区歯科

PR


[ 2011/01/04 11:21 | SEOコンサルティング ]



 |  ホーム  |  検索順位はSEOスコアの高い順に並ぶ。「年齢」はSEOスコアの内で大きなウェイトを占める >>